前ページ  次ページ

松山直行バスお申込は8月7日(火)まで!
2007/08/05

「インディーズムービー・フェスティバル・サミット2007 in 松山」開催まで、2週間を切りました!

IMF公式ホームページでは、「東京←→松山」直通バスのご案内をしてきましたが、バス運行会社様の手続き上の都合により、案内窓口(伊予鉄トラベル・海外トラベルセンター)での受付は、8月7日(火)までとさせていただきます。

その後は、バス予約センター一般窓口または、各旅行代理店様窓口にて手続きをお願いします。

▼「東京←→松山」直通バスのご案内
http://www.the-indies.com/movie/summit/2007/matsuyama/bus-hotel.html


IMFサミット2007 運営室



最後の入選説明会が・・・
2007/07/30

27日 歴史的・・自民党が大敗した!
変革の兆しか!?

明日の日本映画の変革のための準備期間、10年間。

映画革命戦士達の最後の入選説明会が昨日(27日)夕刻から新宿で行われました。

会場は満員。

会場は熱気! 
目を輝かせた総勢80余命の熱き監督達が集った!

事務局スタッフも考え深い最後の入選説明会となり、、、緊張気味のスタッフの顔。

説明会に参加した「入選・準入選」監督は今からなんの説明があるのか? 

こんなにたくさんの監督がいるのか! 

こんなにたくさんの監督が目の前に集まる光景は初めてだ!

みんなライバルなのか? 

仲間なのか?

俺の、私の作品はどう評価されるのか?

ここにいる監督達はどんな作品を創ってるのか?

ワクワク ドキドキ 

インディーズームービー・フェスティバルの過去の奇跡の映画像がスクリーン流された・・

最後の入選説明会が始まった!

そして、一人一人の監督自身の自己紹介が始まった!
緊張するもの、ここぞと、アピールするもの。。。

30分ほどですべての監督が自己紹介を行った。

さぁ、いよいよ、事務局側の説明が始まるる。。

何を説明するのか?

新たなステージに上がった監督達の視線が一つに集中する。

実行委員会の代表者であるこの映画祭の草案者であり運営実行責任者である、代表が全監督の前に現れた!

「みなさん こんにちは〜!」

話は 仰天 説明会ではなく 「魂の入魂」であった!

いわゆる「この映画祭のあり方」の語りが始まった。

二時間ぶっつけの代表のトークが炸裂!

最後に。
過去の入選説明会で、未だかつてなかった大きな拍手が起きた!

本当の拍手がおきた!!

第一回インディーズームービー・フェスティバルの入選説明会を思い出した。

北村龍平、山口雄大、下村勇二、榊 英夫、坂口 拓・・数々の世に活躍する監督達を発掘させたあの第一回を髣髴させた! 

これで、インディーズームービー・フェスティバルは終われる。

役目が果たせた・・・

とスタッフ席で心で涙が出た!

この映画祭を運営することで、己の心が洗われた!

私は映画人ではないが、、人生の役者として、、インディーズムービー・フェスティバルに感謝します。

後、一年。
目を眩まず。
突き進む。

そして、本当の「魂」ある映像作家達がココから産まれるのを大いに期待している。

未来は明るいぞ!

なんと夢ある、ストーリー。


8月18日愛媛県 松山市で開催されるIMFサミット2007in松山で最後のサムライ監督達がリングで紹介されます。

いざ、松山へ!



第10回入選監督の皆さんへ
2007/07/11

=================================
【第10回IMF】入選対象監督(応募者)の皆様へ 重要なお知らせ
=================================


第10回IMF 入選対象監督(応募者)の皆様へ


(IMP)インディーズムービー・プロジェクト実行委員会
第10回IMF・運営室から、大変重要なお知らせです。


まずはこの度、貴殿の応募作品が
最終ラウンド「第10回IMF・入選対象作品」に選出されましたことを
運営スタッフ一同、お喜び申し上げます。

以下、今後の入選手続き前の大変重要な通知事項となりますので、必ず最後までご熟読いただけますよう、お願いいたします。



◆◇◆◇◆◇ 重要通知 ◆◇◆◇◆◇

「第10回IMF」のスタート地点となる「入選発表会」が開催される「インディーズムービー・フェスティバル・サミット2007 in 松山」(http://www.the-indies.com/movie/summit/2007/matsuyama/index.html)への参加は入選手続きの一環であり、手続き完了のための「必須事項」となります。

万が一、「サミット in 松山」参加されない場合は
「入選不備」として「入選対象作品から除外」されますことを予め事前にご通知いたします。
※監督本人の出席が難しい場合、代理人の参加を認めます。

例え入選契約がなされた後でも、除外されたその次点で「失格」となり、準入選対象作品の「次点作品」が、入選作品へ繰り上げすることとなります。


「入選発表会」に参加されないことは「スタート台」に立っていないことと、実行委員会では判断・解釈します。


既にご理解いただいているとはお察しますが、再度、ご説明いたします。


この映画祭(IMF)は、他の映画祭とは“完全に異なる”運営内容です。

「スタート・発表会」(サミット2007 in 松山)から
「最後・ランキング発表」(THE INDIE'S SUMMIT 2008)まで参加し、しっかりと闘い抜いていただくことが、この映画祭の醍醐味です。

厳しい意見ですが、この条件をクリアーできない方(監督)は今からの一年間は無駄になるものと思われます。

最後にふさわしい「インディーズムービー・フェスティバル」で終わるためにも、最後に世界に飛び出す、「才能ある次世代映画監督」の出現を希望してやみません。



補足ですが、
応募監督の中には、「松山は遠いので参加できない」と仰る監督がいらっしゃいますが、IMFの運営コンセプトから見て、全くの「論外」であります。

例えば、鹿児島や沖縄・北海道、そして海外から、
東京から遠く離れた監督もこれまでの「サミット in 東京」には、ほぼ全ての監督が参加されてきております。海外在住の監督でもこの日程に合わせて来日されております。
今回も韓国シード作品の監督も参加いたします。

この「闘う」映画祭、インディーズムービー・フェスティバルは、「東京」が舞台ではありません。

闘う舞台は「全国」です。

以上をご理解頂いたうえで、参加される方(監督)の意思を確認するためにこの掲示板の内容をご覧になられましたら即日、
●参加
●不参加
●代理人参加

のいずれかを明記の上、このメールアドレス(director@the-indies.com)まで返信をお願いいたします。


※返信なき場合は、「不参加」として判断させていただき、 該当入選作品は除外され、 準入選作品の次点作品から繰上げ入選手続きが開始されますので、予めご了承ください。


それでは、皆様の熱き返答をお待ちしております。

※入選監督にはすでにこの内容のメールを直接通知しておりますがメールをご覧になられていない監督や入選作品関係者の皆様は監督に知らせてあげてください。


インディーズムービー・プロジェクト実行委員会
第10回IMF・運営室
director@the-indies.com



準入選監督からの質問ー002
2007/07/10

★準入選者からの質問

>入選逃しスタッフ一同落胆しています。
>でも、準入選したということで気持ちを切り替えて前進する所存です。
>そこで、質問です。
>準入選になるとどこで公開されるのですか?
>また、どのような評価がえられるのでしようか?

★事務局からの解答

準入選とは第九回までは「敗者復活作品=ルーザース作品」としておりましたが、
今回は最終回ということもあり次回はないので敗者復活という枠はありません。
従いまして、準入選作品も入選作品と混ざり合いランキングされるとことになります。
すなわち、準入選作品もグランブリ獲得の可能性はあります。
しかし、公開場所「闘うリング」は入選作品より少ない公開場所「闘うリング」での公開となります。
例えば、DVDレンタルは入選作品のみで準入選作品は行いません。 審査室



入選・準入選監督からの質問
2007/07/10

入選監督や準入選監督からの質問に対する事務局の解答をこの掲示板に常時公開していきます。
入選・準入選監督(応募者)は事務局に問い合わせする前に参考にしてください。

★A入選監督からの質問

>●松山行き及びホテルは、各自でチケットを取っていくのでしょうか?
>会場への直通バスが出るということでしたが
>入選者はどうするべきか教えていただけると助かります。

★事務局解答

単独ですべてを予約・購入して現地集合時間までにお越しください。
当ホームページで一部のバス直行便やホテルのご案内を公開していますが、これはあくまでも、参考としての案内です。この指定方法を利用することを 義務付けられているわけではありません。
また、推薦ホテルに関してはインディーズムービー・プロジェクト実行委員会との話し合いで「特別割引」があるということです。
詳しくは当ホームページをご覧ください。
 
審査室 



プレサミット2007新宿 無事終了
2007/07/04

先日6月30日 今年、はじめの大きなイベント「プレサミット」が行われました。

一部の「秘メ煙」多積正之監督 援助作品から三部の「ジアーズ」中村 拓監督 チャレンジムービー作品の二作品はほぼ満席状態として三年間とい長きに渡る製作期間を乗り越えて来た「作品・監督」を一目見ようと来場されました。
来場の皆様にはこの場を借りまして御礼申し上げます。
ありがとうございました。

二部では次の援助監督達の制作発表が行われ完成が待ち遠しいです。

最後になりましたが、三部上映中後半に映像トラブルがあり上映中断し大変観客の皆様にご迷惑をかけましたことを深く再度お詫び申し上げます。
申し訳ありませんでした。

では、八月のサミット2007 本番で会いましょう!
映画人よ、いざ、松山へ!



サミット2007 in 松山 詳細情報を順次公開中!
2007/07/03

全国の次世代映画人のみなさん、こんにちは!

「プレ・サミット2007 in 新宿」も大盛況のうちに無事終了し、次はいよいよ、愛媛県松山市で開催される真夏の祭典「IMFサミットin松山」です。

第9回目IMFグランプリ&最終ランキング発表を始め、第10回IMF入選・準入選の作品(監督)紹介、援助監督オーディション開催等、見逃せない内容ばかりです!

詳細は以下のURLよりご覧下さい!
http://www.the-indies.com/movie/summit/2007/matsuyama/index.html



サミット2007 in 松山 運営室



スワップマーケットスペシャルパーティー
2007/06/24

こんにちは、みなさん、いかがお過ごしですか?
梅雨に入りましたが? 、、どうも、いきなり夏のようです、暑いです!
で、熱いのは天候ばかりではないです、

インディーズ映画も熱いです!

そんな熱い次世代映画人が一同に集うコミュニケーションパーティー。

第53回スワップマーッケット・スペシャルナイト開催のお知らせです。
★久しぶりの次世代映画人、渋谷に集結!
2007年6月30日(土)22:00〜翌朝5:00
会場:Q-AX CINEMA Prologue(プロローグ)
◇渋谷区円山町1−5 Q-AXビル 一階
◇会場TEL →03-3464-6276
◇会場→ http://www.punraku.com/topics/newopen.html
◇参加料:(入場時:3500円 ※ドリンク・フード付)
※制限以上は独自でキャッシュオンデリバリとして自由に飲食してください。
★参加希望者は(お名前)(複数の場合は「人数」)を明記の上、このメールへ返信してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※当日の昼には「インディーズームービー・フェスティバル・プレサミット2007in新宿」が開催されています。
是非ご来場ください。
  ↓
http://www.the-indies.com/movie/summit/2007/presummit.html
■主催:独立映画人共和国
 仮コミュニケーション掲示板→ http://swapmarket.net/protect/protect.cgi
■協力:インディーズムービー・プロジェクト実行委員会



ジアーズ完売しました!
2007/06/18

緊急告知です!

いよいよ今週の30日開催です。
二部の中村 拓監督 プレミアム作品「ジーアズ」鑑賞チケットがソールドアウト!(完売)いたしましたことをお知らせいたします。※当日チケットはキャンセルチケットが出た場合販売いたします。

※一部「秘メ煙」も当日券がなくなる場合があるかもしれませんのて予約申込していると安心と思われますので是非ネット予約販売をお勧めいたします。

※ネット申込された方でキャンセル及び申込不受理のチケットが出た場合は当日受付として販売いたします。


サミット2007 上映チケット室



【重要】第10回IMF 「3」マーク(最終選考会[3次審査]選出作品)が表示された応募者の方へ
2007/06/17

第10回IMFエントリーリストにて、「3」マーク(最終選考会[3次審査]選出作品)が表示されている作品(監督)で、事務局への「監督アンケート」が提出されていない作品(監督)があります。

この場合、「最終選考会対象作品」としての「参加確認」が取れていない状態で、最終選考会審査に入ることができません。

このままアンケート提出されない場合は、応募作品が最終的に「入選対象作品」になった際に「入選手続き」の一部不備として、「入選取消し」となる場合がありますので、予めご了承ください。

事務局からの通知メールが到着していない、または未確認の該当監督は、早急に以下のリンクより『最終選考会選出作品「監督アンケート」』フォームを開き、回答の上で送信してください。
http://www.the-indies.com/movie/movie/10th/enquete.html

※注:回答対象者は、最終選考会選出作品マーク「3」が表示されている作品(監督)のみとなります。


第10回IMF 審査室



↓このマークがご自身のエントリー欄左側に表示されている方が対象です↓


前ページ TOPページ 次ページ